マネジメントしてチームにしていく

マネジメントしてチームにしていく

マネジメントチームを作って行くメソッドを考慮した本に「非営利組織の経営」というものがあります、これは社会の中の人間と言うものがテーマとなっていて積極的に動いてこそ成果が現れると言う中身でした。2005年にドラッカーは老衰で亡くなりましたが彼は日本の会社にも大きな影響を与えて日本にもふんだんに来ていますよ。

彼の言語の数々は実際でも人々の中に生き続けているのですね。ドラッカーが刺激を感じたのは大量生産ご時世真っ只中の米国でした、自動車法人等の大会社がバンバンと現れていた時の事です。

ドラッカーが大切だと言っているのは情報産業、知識領域の業務が増加するので、人間は本人が向上可能な環境が異なる事を懸念ない気概を持つ事が重要だと記しています。またドラッカーは分権化、民営化、知識労働者と言う会話を作り出しそのご時世の法人経営の方針に非常に影響をもたらしました。


ホーム RSS購読 サイトマップ