買わないことを選択できる第三者

買わないことを選択できる第三者

クライアントのニーズの理解=カスタマーの理解と言う事に繋がります、そのニーズにバッチリならばそれは何にもしなくても完売となりますね、これぞマーケティングであるとドラッカーは述べています。ですがニーズばかり追っていては企業は倒産します、世の中のはいつも移り変わりしていてニーズも共に移り変わりしています。

ここでイノベーションが登場します、何やかやとな資源から最高の富を生んで新規力にする事を言います。ユーザーにニュー喜び感を供給し続けるとも言えますね、マネジメントの問題はイノベーションとマーケティングのバランスを丁度良くする事に有るのです。

その中でニーズだけ追求し居ているのはユーザーと製品の仲を取り持っているだけになっているのです、その上新たな得心可能な製品作りをしなくてはなりません。著作『創造する経営者』では「買わないと言う事も可能な第三者に喜んで自らの購買力と取り替えしてくれる物を生み出す活動」これがマーケティングだと規定していてズバリマーケティングの真実を表した言語です。


ホーム RSS購読 サイトマップ